白髪の原因

老いの象徴のひとつとされる白髪は、黒髪の中に数本あっただけでも目立ってしまいます。白髪はどうして発生してしまうのでしょうか。その原因について解説していきたいと思います。

 

日本人を含めて、アジア人には黒髪が多く、欧米人には金髪やブラウンなどがありますが、この髪の毛の色は、髪に含まれているメラニン色素により、違いが出てくるのです。

 

この髪の毛に含まれるメラニン色素は、紫外線を吸収する役割があり、頭皮を紫外線から守ってくれます。

 

黒々しているほどメラニン色素が多く、それだけ紫外線をブロックする働きがあるということになります。メラニン色素を生成しているのは、髪の根元である毛乳頭に存在する色素細胞です。

 

この色素細胞の活動が低下してしまうと、メラニン色素を生成できなくなり、髪の色が落ちて、白髪になってしまうのです。つまり、白髪の主たる原因は色素細胞の活動低下ということになります。

 

それでは何が原因で、色素細胞の活動は低下してしまうのでしょうか。その原因は次のとおりです。

 

色素細胞の活動が低下する原因の一つは、遺伝と言われています。遺伝性の白髪は定説に過ぎませんが、実際に統計学的に証明されています。

 

色素細胞がメラニン色素を生成しづらい体質であると、白髪になると言われています。なお、若年性の白髪のほとんどは遺伝性であると考えられています。

 

次に考えられる原因は、加齢によるものです。年齢を重ねると代謝が落ちるので、色素細胞の活動も落ちてしまいます。次に考えられる原因は、病気です。身体のどこかが病気になると、身体のエネルギーはその治療に専念するため、それだけ色素細胞の活動が低下してしまうといわれています。

 

また、薬の副作用で白髪になるケースもあります。次に考えられる原因は、生活習慣です。栄養のバランスが悪い食事を続けていると、健康的な髪を育てるために必要な栄養素が不足してしまいます。

 

また、運動不足、睡眠不足、ストレスなどで代謝が落ちるため、色素細胞の活動が低下してしまうといわれています。