美髪

MENU

美髪コラム記事一覧

「ごしごし」こするのはNGみなさんはシャンプーする時にどのような方法で洗っていますか?ここでは正しい「なで洗い」の方法を説明していきたいと思います。頭皮にシャンプーを馴染ませることで汚れや角質を浮かせて、頭皮の表面を清潔にするのが目的です。指の腹を使い、細かく振動させながら頭皮を刺激していくのがポイントです。この際注意するべきポイントは、「ごしごし」とこすらないことです。キレイにしたいと思うあまり...

頭皮の毛穴周りの汚れを落とす美髪を保つために、「なで洗い」と合わせて重要なのが「揉み出し洗い」です。「弱く・細かく・優しく」が基本の「なで洗い」とは逆に、「揉み出し洗い」はシャンプー時に頭皮、特に毛穴周りにこびりついた皮脂汚れを浮かせるための、かなり強い洗い方になります。眼では見えないのですが、頭皮の毛穴周りが汚れている方は非常に多いので注意しなければいけません。頭皮の毛穴は、顔の毛穴の約7倍程の...

白髪が増える髪の色は、毛根の毛母細胞で作られるメラニン色素で決定します。加齢によって、このメラニン色素の働きが鈍くなることが白髪の原因だと言われています。中には、20代でも白髪が多い「若白髪」と呼ばれる人もいますが、一般的には、白髪が生え始めるのは30代を過ぎてからです。ちなみに40代で80%、50代になると実に90%以上の人が白髪に悩んでいると言われています。薄毛が気になる40代に突入すると、髪...

スキンケアの基本は、洗顔です。ヘアケアの基本は、シャンプーです。ですから、シャンプーの目的は汚れを落とすことであり、皮脂が頭皮に残ったままの状態だと、髪のツヤやボリュームにも影響してきます。まずは洗い残しが無いように、しっかりと毎日髪を洗うことを心掛けましょう。汚れを落としたら、次のスッテプが保湿です。コンディショナーによって髪の表面を保護しながら、なめらかな質感に整えていく事が大切です。よく現在...

20代後半で「白髪」がちらほら目立つほどになると、「トシかな?」というよりも、「ストレスだろうか」と感じるものですね。ズバリ、20代の白髪は、「遺伝」「病気」「ストレス」「生活の乱れ」が4大要因と言われています。「遺伝」について遺伝による「若白髪」とは、髪の色をつくるメラノサイトの機能が低下しやすいこと、髪にメラニン色素を含ませる機能が低下しやすいことなどが挙げられています。長男は母方の、長女は父...

「若白髪」をつくる食生活の乱れとしては、インスタント食品や脂肪分の多いジャンクフード、スイーツの食べ過ぎによる栄養不足が挙げられます。髪のための栄養素に限っていうと、母細胞や色素細胞の働きを促進するミネラルをはじめ、アミノ酸、ビタミンなどが不足してしまうことにより「若白髪」が起こるのです。中でも、「銅」「カルシウム」「亜鉛」は、髪の健康にとって非常に大切な栄養素といえます。まず、「銅」は、髪の構成...

「白髪」を防ぐためには、身体の内側から栄養素を吸収することが大切です。毎日の食事のメニューは、きちんと管理したいところですが、忙しい毎日ではそれも中々難しいのではないでしょうか。そんな人のために、食事だけでは補えうことが難しいビタミンやミネラル群を配合し、「白髪を防ぐ」というアプローチを持つサプリメントが市販されています。代表的な商品に、「ブラックサプリ」があります。1カ月分4800円、初回のみ1...

ひと口に「白髪用ヘアマニキュア」と言っても、メーカーごとで発売されているカラーを全て合わせると、その数は10色以上にもなります。ブラウン一つとっても、イエローがかったものや、レッドかったものなどがあり、染め上がりの印象も微妙に異なります。私たち日本人は、もともと黒髪ですし、瞳の色も黒、と考えがちですが、生まれつき茶色がかった瞳の色を持つ人もいましす、北国にはブルーグレーのような瞳の色をもつ人もいま...

パッチテストを済ませて、はじめて、髪に白髪染めを塗布する段階となります。ビニール手袋をはめる前に、すませておきたいことは、髪をよくとかしておくこと。液をつけた後、髪をとかしてなじませていくのですから、事前に櫛どおりをスムーズにしておくことは、とても大切です。さて、いよいよ、「白髪染め」スタートです。ビニール手袋をはめ、箱の中から目の前に薬剤とマニュアルを置きましょう。液の塗布は、白髪が最も目立つ部...

「DHC亜鉛」は、化粧品の大手口コミサイトでは、健康サプリメントのランキングでベスト3にランクインしている商品です。製造元のDHCでも、店舗での売上数がトップという人気商品となっています。30粒/280円。人気の秘密は、購入している人びとが感じた効能とともに、1カ月分が300円にも満たない安価さのようです。※用量・用法は、毎日、食後に1粒を摂取するというもの。「DHC亜鉛」の特徴は、髪の成分である...

40代も半ばを過ぎてくると、いやがおうにも、増えてきた白髪を染めなくては!という切迫感に襲われることがあります。切迫感は、突然、訪れることが多いものです。例えば、翌日に子どもの学校の参観日や、ママ友の集まりなどを控えているときが多いようです。何気なくのぞいた鏡で、生え際や分け目が真っ白にキラキラ光っているものに気がついたら…。普段は考えることもなかった老いを感じることはもちろん、何よりも、翌日の子...