白髪用ヘアマニキュア|カラー選びのポイントとは?

ひと口に「白髪用ヘアマニキュア」と言っても、メーカーごとで発売されているカラーを全て合わせると、その数は10色以上にもなります。ブラウン一つとっても、イエローがかったものや、レッドかったものなどがあり、染め上がりの印象も微妙に異なります。

 

私たち日本人は、もともと黒髪ですし、瞳の色も黒、と考えがちですが、生まれつき茶色がかった瞳の色を持つ人もいましす、北国にはブルーグレーのような瞳の色をもつ人もいます。

 

現在では、白髪を染める前段階の若い頃に、すでに「カラーリング」(オシャレ染め)によって、自分に似合うのはレッド系なのか、イエロー系なのかご存じの方も少なくないと思います。

 

肌や目の色と違和感のない色

 

ヘアマニキュアの場合は、肌や目の色と違和感のないカラーを選ぶことが大切です。また製品を購入する前に、自分にはどのような髪色が似合うの知っておくことも大切です。

 

似合う色が分からない場合は、「パーソナルカラー診断」などのサイトをチェックして、ご自分に似合う色を探してみるのも1つです。「パーソナルカラー」は、その人の持つ肌の色、瞳(虹彩)の色、頬の色、唇の色から、総合的に判断をしてくれます。

 

カラーは大きく分けると、四季ごとにイメージされ、スプリング、サマー、オータム、ウィンターの4種類です。

 

スプリングタイプは、イエローベースの明るい肌色。瞳の色はくっきりとしたブラウンで、髪の色も柔らかなブラウン系。ヘアマニキュアでは、ピンクブラウンやモカブラウンなど、明るい髪色が似合います。

 

サマータイプは、ブルーベースの肌色。瞳の色はくすみのあるブラウンで、髪もブラック、ブラウンともに、くすみのある色合いとなっています。ヘアマニキュアでは、ライトブラウンやアッシュブラウンなどソフトな髪色が似合うでしょう。

 

オータムタイプは、イエローベースのくすんだ肌色。瞳の色は焦げ茶や黄みのあるブラウンなど、落ち着いて深みがあります。髪は、茶、茶色がかった黒。白髪を綺麗に染めるのであれば、温かみのあるハニーブラウン、メープルブラウンの相性がいいでしょう。

 

ウィンタータイプは、ブルーベースの明るい肌色。瞳の色は焦げ茶から黒まで、くっきりとしているのが特徴です。髪色は、焦げ茶、黒となっています。ヘアマニキュアでは、レッド系のブラウンをはじめ、ブラックでもピッタリ似合うのではないでしょうか。