その他の白髪染め記事一覧

ハチの巣型のソープなど、ハンドメイドのユニークなバス用品で大人気のアメリカのメーカー「ラッシュ」からも、「ヘアマニキュア」が発売されています。商品名は『カカ・マロン』『カカ・ルージュ』『カカ・ノワール』の3色。その形状が、また面白いです。バー状に3つのブロックが連続するもので、1本1,650円。パッと見は、まるで大きなチョコレートのようです。髪の長さや量によって、6ブロック(製品を2つ購入すること...

『パオン クイックカラー』(シュワルツコフ ヘンケル)は、1956年創業、白髪染めのパイオニアを自負するパオンブランドの製品になります。こちらは、シャンプー後にトリートメントとして使用する“簡単トリートメントヘアマニキュア”です。トリートメントによって、髪にカラーがかかるという性格から、口コミにも、「使い方が手軽な上、トリートメント効果によって髪につやとハリが出た」「地肌に色がつかないこと」などを...

『エブリ  カラートリートメント』を販売する「アンナドンナ」は、老舗のヘアケアメーカー「ダリヤ」が出資した直営ショップになります。『エブリ  カラートリートメント』は、チューブ入りのクリーム状。ブラック・ブラウン・パープル・ブルー・オレンジ・レッド・グリーンの全7色になります。容量と価格は、160g/1,470円。シャンプー後にトリートメントとして使用するうちに、徐々にカラーがかかってくるというも...

日本を代表する化粧品メーカーが、着色効果とトリートメント効果を併せ持つカラーリンスとして2001年に発売し、今に続いている商品です。「ダークブラウン」と「グレイ」の2色。 220g/1000円。カラーリンスということで、「ヘアマニキュア」の範疇に入らないのかと思いましたが、下記のとり、成分には赤227、黄4、橙205、紫401、黒401といった、「ヘアマニキュア」と共通する酸性染料が使われていまし...

最近、増えてきた、シャンプー後にトリートメント剤として使用しながら、髪に色をかける「ヘアマニキュア」。『シークレットカラー ナチュラルトリートメント』もそのタイプです。250g・1,680円。トリートメント剤としてのポイントは、ツボクサエキスやアンマロクなど、アーユルヴェーダで使用されている各種のハーブをはじめハチミツ、セサミオイル、へナなどのが配合。何よりのポイントは、2000年代に入って認可さ...

こちらは、『パオン』ブランドの最も新しい「白髪染め」。今年3月に発売されたばかりです。テレビCMのイメージキャラクターは松田 聖子さん。同世代の女性たちがターゲットになっています。1剤40g+2剤40g/オープン価格、楽天で915円。 手袋つき。分割使用(使う量だけエアゾールのボトルをプッシュして出す)が可能なフォーム(泡)タイプ。メーカーでは、アンモニア無配合、無香料であることとを強くアピールし...

「染める前・中・後の3(トリプル)ケア(補修・保護成分配合)で、ワンランク上の白髪染め。よりしなやかで健康な髪色へ」が、メーカーのコンセプト。染毛剤にうるおい成分プロケラチンを、トリートメント剤には保湿作用をもたらすコラーゲンを配合。アンモニア剤のニオイを抑える技術によって、臭いを最小限としたそうです。48g+48g(1、2剤)+12ml(下地エッセンス)+40g(アフターカラートリートメント)/...