パオン クイックカラーの口コミ・評判

『パオン クイックカラー』(シュワルツコフ ヘンケル)は、1956年創業、白髪染めのパイオニアを自負するパオンブランドの製品になります。

 

こちらは、シャンプー後にトリートメントとして使用する“簡単トリートメントヘアマニキュア”です。トリートメントによって、髪にカラーがかかるという性格から、口コミにも、「使い方が手軽な上、トリートメント効果によって髪につやとハリが出た」「地肌に色がつかないこと」などを評価する口コミが目立っていました。

 

「ブラック」から「ブラウン」までの全4色。連続使用することによって、じょじょに白髪を染め、目立たなくしていく効果があります。髪の傷みを防ぐトリートメント成分としては、ヒアルロン酸を配合しています。何よりも人気を集めているのは、シャンプー時に使用するという簡便さ。リピーターも少なくありません。

 

口コミでは、「洗髪してからタオルドライし、付属のコームで塗って、10分ほどしてから洗い流すだけ。手についても直ぐに落ちるし」「お風呂なら、ちょっとこぼしてもすぐに洗い流せる」などなど。入浴中に使用できる点、浴室に付着してもすぐに洗い流せる点などが、忙しい現代人に人気のようで、「何度リピートしたか…」という声もありました。

 

好意的な口コミの一方、「回を重ねないと色がつかない」という悪い口コミもあります。前出のとおり、メーカーでも、“連続使用することによって、徐々に白髪を染め、目立たなくしていく”としていますので、即効を望むのは難しそうです…。

 

口コミサイトでは、依然、評価の高い『パオン クイックカラー』。残念なことに、現在こちらの商品は廃盤となっています。amazonなどでは、一部販売されているようですが…。

 

後継は『パオン クイックリタッチ』。「ブラック」〜「ブラウン」の全5色展開。こちらも「ヘアマニキュア」ですが、髪全体というより、生え際や分け目の白髪隠し用タイプになります。

 

液だれしにくいマーカータイプで、数分で乾き、洗い流しが不要な上、徐々に髪に色がついていく点は、『パオン クイックカラー』と同様の商品だといえるでしょう。