白髪とストレスの関係性について

『白髪』は、人間関係などのストレスとは無関係。“加齢による細胞ストレス”が原因である。数年まえ、白髪や発毛について研究を重ねる東京医科歯科大学の西村教授らのグループによって、国際科学誌で発表されました。

 

同教授らは、マウスを使った実験で、毛根を包み込んでいる毛嚢(もうのう)内にあり、私たちの黒髪の素となる「色素幹細胞」を発見。組織の老化に先立ってみられる「幹細胞」の老化とはどのようなメカニズムとなるのかを研究し、ほ乳類では、種を超えて、「色素幹細胞」の枯渇によって、白髪が起こることを証明しました。

 

西村教授の説とは?

 

「幹細胞プールが枯渇し、子孫細胞である「色素細胞」が足りなくなるため白髪になる。生体内で白髪が誘発される程度の生理的な加齢や非致死量のゲノム損傷ストレスでは『幹細胞』は自己複製せず、分化という運命をたどる」(西村教授)。

 

さらに、教授は、白髪を「ほ乳類の老化を示す最も典型的な兆候」としており、人間のDNAは、化学物質をはじめ、紫外線、電離放射線などによって絶えず損傷されている、と説明。

 

「若い世代では、『色素幹細胞』は自身の複製(生産)と色素細胞への分化(消費)の間でバランスが保たれているため、髪に供給される色素が途絶えることはない。しかし年齢を重ねるにつれ、色素細胞への分化が過剰に行われるようになり、幹細胞は自己複製機能を失ってしまう。そして色素幹細胞が枯渇するために、髪が白くなる」(西村教授)。

 

例としては、哺乳動物の細胞1つが受ける損傷だけでも、1日あたり最高10万回にも及ぶ、としています。中でも、最も被害を最も被っているのが「色素幹細胞」で、とくに、紫外線を長時間浴びることによって、損傷が大きくなるのだそう。

 

遺伝子が不安定化する要因を加齢とする研究や、老化の要因を「幹細胞」の損傷とする研究が発表されていますが、今回の実験は、その裏付けになるとも言われています。

 

長い間ナゾだった白髪のメカニズムが、少しずつ、分かってきたという証明だと言えるでしょう。